読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fashion,Fine-art,and Forecast.

服飾・美術・予言






















SUKEBENINGENが語る「ハイコンテクスト・ノームコア」と「ビギンくん」の見分け方&ファッションの未来

批評・哲学

 

基礎知識:「ビギンくん」とは、雑誌『Begin』で紹介されるようなド定番で無難なファッションアイテムを全身に纏っていい気になっているファッション初心者への侮蔑語である。

 

はじめに結論から述べよう。

SUKEBENINGENが賞賛する「ノームコア」→「ハイコンテクスト」と「ビギンくん」との区別は彼の議論において重要である。この区別がつく者はハイコンテクスト側の仲間入りを果たすが、できない者は「モード厨」との罵りを受ける。しかし「ハイコンテクスト」の定義は曖昧であるため、定義から演繹的に行われる議論は中断を余儀なくされる。ならば「どのように区別が判定されているのか」について、判定の側から帰納的に遡ってみることは、「ハイコンテクスト」について理解する一助となるだろう。

そして研究の結果、この「ノームコア」と「ビギンくん」が混同され得る危険性に、SUKEBENINGEN自身も危機感を感じているように思えるが、区別する基準は一度も明示されていない。

記事の最後に参考資料を用意したので各人でご参照頂きたい。また『FREE MAGAZINE』から関わる箇所も引用しているが、もちろん記述はゼロである。)

 

 

区別の判定となるキーワードは「イデオロギー」であるが、その定義(そもそも意味内容自体)がまたもや曖昧なのだ。なるべく肯定的に読解し「アートではコンセプチュアル・アートという表層を問わない理論が勝ったのと同様に、ファッションも表層を問わない理論が正解である」というようなニュアンスで理解しておこう。(この主張に対して、SUKEBENINGENがモードを批判する時によく使う「現代アートを真似てみただけ」という言葉が跳ね返ってくるのではないかという批判は有効に思える、なぜなら「アートとはルールが違うので」)

*1

「ファッションは表層の問題ではない(コンセプチュアル・アートと同様に)」という主義は理解できる。だがこの主義の導く先は各人の着るときの態度に委ねながらその態度を勝手忖度して判定するような蒙昧主義的テロリズムへの入り口である。服に対する己自身のスローガンとしては有効でも、批評としては使えるものではない。「俺は分かってる」と言った者勝ちなので、例えば藤原ヒロシとSUKEBENINGENのどちらの主張が正しいのかを測る場合はどっちのファンなのかという問題にしかならないだろう。

そしてスローガンとしても問題がある。「概念を理解した上であえて」または「批判的にあえて」と言い換えることは可能だろうが、従属的なシニシズム冷笑主義)でしかないのではないか?「あえてならまぁいっか」というように、一旦は否定したために入信の度合いはより深くなる。しかし「あえて」という言葉だけで納得が先行し、審級についての議論はまったく深まっていないことには気づかないのだ。「あえて」というようなシニシズムは結局のところ常に現状肯定の形を取り、ポピュラリティーの強いもの(単なるリアルクローズ礼賛やデザイナーの私服崇拝)におもねるためのより強固な理屈を用意する。まさに今のSUKEBENINGENの姿ではないか。

 

 

――しかしもしSUKEBENINGENの主張に論理的な欠陥があろうと、その示す未来が有意義であるならば大した問題ではない。批評にとって重要なことは論理的であることよりも第一義として「どのような価値観を示せるか」または「どのような未来を描けるか」なのである。そのためにもう一度SUKEBENINGEN『ハイコンテクストなノームコア』に立ち返って、以上のような論難を浴びようともその主張自体には価値があるかどうかを測りたい。

 

『FREE MAGAZINE』に掲載されている『ハイコンテクストなノームコア』からの記述を意味の取りこぼしがないように重要箇所をなるべく広く引用する。

ファッション雑誌『POPEYE』のシティボーイ等に象徴される「ライフスタイル」や「ノームコア」が今、世の中を席巻していて、もはやモードは風前の灯である。それを憂うファッションインサイダー達は「ライフスタイルやノームコアが持て囃されるのは保守的で怠慢な態度、再びアヴァンギャルドなモードを歓迎する世論が復活するのが正義であり、それを私たちが啓蒙するのだ」という意気込みであらゆる場所でロビー活動をしている。大半のライフスタイルやノームコアは、確かに彼らのいうように「保守」や「怠慢」の表れなのだが、しかし同時に、最先端もライフスタイルやノームコアとニアイコールな形態でアウトプットされるものだ。ライフスタイルやノームコアの様な、でも別の何かなのである。

《中略》

そしてこれは、マルジェラ以降停滞していたファッションをブレイクスルーさせ、アートやアカデミックデザインにファッションがなり得る良い道筋を初めて持つ方法になると考えている。ポストマルジェラはハイコンテクストノームコアになるだろう。

先に主張したように「ノームコア」が保守的で怠慢な態度に陥る危険性(≒ビギンくん化)は本人も自覚しているように思われる。しかしそれとは「別の何か」であると定義し、ポストマルジェラの道を開くものだと主張している。

たとえ混同の危険を伴うとしても「ポストマルジェラ」へ通じるような道筋を描くことができればSUKEBENINGENの主張は有意義であると判断できるだろう。

 

 アートやアカデミックデザインでは既にサンプリングが主流である。サンプリングとは批判性なので、物事をフラット化できる。そしてそこに過度なオリジナル信仰は無い。分かり易くヒップホップを例にとれば「ヒップホップというイデオロギー」こそがエポックメイキングで、表層は既存のデータベース(レコード)にサンプリングやエフェクトを加え、そのイデオロギーを可視化しただけ、しかし、それにも関わらず、同時代に全て自前のオリジナルで作られたものよりも新しく斬新だった訳だ。「イデオロギーだけが新しく、表層は全て既視的なもの」という組み合わせはあり得る。現代アートの表層だけを真似て「名誉アートでございます」といった表明が今までのサブカル的ファッションのやり方であり限界だったが(YVES SAINT LAURENTモンドリアンルックからCOMME DES GARCONSなど全て)、現代アート的なイデオロギーでファッションデザインを考え、しかも表層はサンプリングで、というのがハイコンテクスト・ノームコアであり、今実際に水面下で起こっている、ごく一部の人達だけが気づいている現象だ。

「サンプリング正義」である理由は、モードが本来偽物のイデオロギーであり、その偽物のコンテクストを積み上げてきたからだ。本来ならそれらと決別し切断処理をしたい。よって、モード的なものを排除することになる。《中略》

 

既存の服の中にハイコンテクストなノームコアをそのまま実現しているものは無い。でもハイコンテクストノームコアを実現することは可能だ。ハイコンテクストノームコアなエッセンスを持つ服をピックする。アウトドア、ワーク、ミリタリー、ファクトリーブランドなど、ファッションというより、何らかの用途を果たす目的の為に作られた服によく含まれる。イヤらしいデザイナーの自意識がそれらには入っていないから、それらをミックスする。重ねることで本来の役割的な意味が失われ、アノニマス化する。そしてそれらが共有して持っているハイコンテクストノームコアな要素だけが浮かび上がってくる。またそこにデザイナーの服を加えることもあるが、デザイナーの服をより否定するのが目的である。着ない以上に着ることで否定する。デザイナーのイデオロギーやコンセプトを極力無視する、無効化する。プレイヤー権は着る側にある。イデオロギーやコンセプトはそこではもはや相対化した一素材に過ぎない。

イデオロギー」というキーワードは「意識」または「態度」くらいの意味で使用されていると思われる。「批判性(恐らくは表層への拘泥に対しての)」「現代アート的」であるような「イデオロギー」でファッションデザイン(または着用)することが「ハイコンテクスト・ノームコア」である。どのような服が当てはまるのかというと、そのまま服一枚では存在せず、組み合わせて「デザイナーのイデオロギー」(≒「モード」)を否定することによって、停滞したモードの先にあるポストマルジェラを実現すると解釈できる。その際に「デザイナーの服」(≒「モード服」)を使用してもよいが、それが「デザイナーのイデオロギー」を否定する場合は有効と判断される。つまり、モードを否定することが「ハイコンテクスト・ノームコア」の条件とされているようだ。

 今現在において、一番ファッションを前衛に推し進めたのはマルタン・マルジェラだというコンセンサスがある。世間的はアヴァンギャルド=先鋭的という解釈をしている。しかし、自分はアヴァンギャルドリアルクローズの対義語として扱うことにしている。つまり、先鋭的なアヴァンギャルドリアルクローズもあり得るし、逆に保守的なアヴァンギャルドリアルクローズもあり得る。実際の所、そしてマルジェラは、先鋭的なリアルクローズを初めて実現した人だと思う。アヴァンギャルド=先鋭的、と殆どの人は思考停止し、リアルクローズの先鋭などあり得ないと信じ込んでいた。マルジェラの本当の鋭いところは理解せず、マルジェラ以前の(COMME DES GARCONS的な)アヴァンギャルドの解釈で自分らに都合良く、殆どは表層的に受け取っただけである。それが原因でポストマルジェラ的なアプローチのブランドは現れることは無く、一世代前のギャルソン的なやり方のマイナーチェンジを90年代以降も続けるブランドが後を絶たない。そして、それらは全てシュミラークル化して行き詰まっている。

この一節は重要である。なぜなら『ハイコンテクストなノームコア』の議論を支える構造がまるごと抽出できるのだ。


「ギャルソンのようなモード服は行き詰まっている」

「マルジェラはリアルクローズによってモードの停滞を破った」


いわばこの成功例によってポストマルジェラとして「アートやアカデミックデザインにファッションがなり得る良い道筋を初めて持つ方法になる」という意気込みが語られ、そして「ポストマルジェラ」=「ハイコンテクスト・ノームコア」という主張が導かれることになる。

 

――だがこの主張には根本的な問題がある。まずどのような価値観なのか?「ハイコンテクスト・ノームコア」の定義は端的に言って「否定的な定義」でしかない。モードを否定するものが「ハイコンテクスト・ノームコア」と定義されており、実現するための素材としてサンプリングなどのイデオロギーや諸々の非デザイナー服が含まれるわけだが、それらは本質的ではなくあくまで素材の位置であって、価値自体は「モードを否定するものだから」ということ以上には語られていない。なぜこの概念がモードの停滞を破るのか?それはモードを否定するためだという論法であるが、否定さえすれば新しいなどといったことは有り得ない。そしてモード服を否定するために、その推進力としてモードを必要としてしまっているのも根本的問題である。モードを否定したいがまるっきり否定してしまってはモードに対する優位性が無くなってしまう、という構造を持つためにモードを礼賛せざるを得ない文脈いわば『モードの地獄』と呼ばれる状態に陥っている。

論理的問題以前にSUKEBENINGENの価値観自体が極めて問題なのではないか。「アンチ・モード」というより怨念めいた「モード・ヘイト」と呼ぶべきだろうか。

 

もちろん「表層はどうでもいい」として単なるリアルクローズ礼賛ではないというのは理解できるが、そしたらギャルソンに対するマルジェラの優位はどこにあるのか?イデオロギー?ならそのイデオロギーはどこから読み取ったのか?表層(リアルクローズ)からではないのか?

 

「なぜリアルクローズなのか?」

「モード服でないから着るべきなのだ」

「なぜモードを否定すべきなのか?」

「マルジェラがそうであるように、それが最先端だからだ」

「なぜ最先端なのか?」

「モードを否定するリアルクローズだからだ」

 

 これでは議論が循環してしまっている。「新しさ」がまるで見えてこない。SUKEBENINGENの主張はモードを否定するためだけに用意されていてファッションの未来を見通すものではない。本人も自分が何を主張しているのか本当はわかっていないのではないか?怨念が先行して文章のコントールも効かず、見通しは五里霧中の中にある。これではなんとも「ノーコンテクストの濃霧コア」だ。

 

SUKEBENINGENの最近の発言

(画像なので見づらいかもしれません)

pt1

pt2

 

ビギンくんと比較するような言及

https://twitter.com/sukebeningen/status/558212026195906560

表層しか認識しないのでポパイとビギンの区別がつかないのが人文ファッションクラスタ(モード厨)の特徴https://mobile.twitter.com/asaco4/status/556813545396924417  両者の違いはイデオロギー。ハイコンテクスト

リンク先→https://twitter.com/asaco4/status/556813545396924417

その手の定番品の売り文句に使われる「本物」とか「本当」とかいう言葉がそもそも嫌なんですよね。ホンモノのオトコとか書かれると羞恥心はないのかと思ってしまう。

yoshihide asaco @asaco4

*2

https://twitter.com/sukebeningen/status/593551840354009088

オタクはリサーチ力がスゴイから実はファッションでも最強説あるが、やはりガジェットのリサーチとは勝手が違うな。カタログスペックしか見ない、だから(文化教養的な)非数値な部分はゴッソリ見逃す(なので過度にMacなどの評価が低い。/まあビギン的な世界なのれす。

*3

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/723700214251429889

モードのいやしさを排除すると結果としてエンジニアリング的な服が残るから(モードのいやしさを排除してる、というストイックなイデオロギーが読めないと)ビギンくんと区別がつかない、てだけで。/さすがにそんな低レベルまで相手にしてられない。

 

*4

 《ビギンについての言及》

https://twitter.com/sukebeningen/status/401902543577415680

ダサ坊(ビギン厨とか)やカッペの限定品好きは異常https://mobile.twitter.com/kannkitu_markII/status/401677552307015680?p=v  まあ、そういう奴ら向けの商品なのだが

リンク先→https://twitter.com/kannkitu_markX/status/401677552307015680

「インナーちょろっとしか見えてないのに、「それコムデギャルソンですよね!」とか当てられるとは...しかも青山の限定アイテムだよ...」柑橘a.k.a.トロールスレイヤー @kannkitu_markX

https://twitter.com/sukebeningen/status/401904169428074497

マッキントッシュ…丸井厨からビギン厨にジョブチェンジhttps://mobile.twitter.com/kannkitu_markII/status/398674106054217728?p=vパクるならまんまパクりゃいいのに自分のセンス盛ろうとして台無しにする。スタッズ?

リンク先→https://twitter.com/kannkitu_markX/status/398674106054217728

「いいなぁと思ったら思ったより高かったですね... RT @fashionsnap スタッズ付き「マッキントッシュ」コート第2弾はカラフルに。気鋭ブランド99%IS-がリメイク http://www.fashionsnap.com/news/2013-11-08/mackintosh-99is-14ss/ … …」柑橘a.k.a.トロールスレイヤー @kannkitu_markX

https://twitter.com/sukebeningen/status/437565728049229825

そしてサイベーシック、おまえ察しろよ。サイのマークとか付けんな。付けなければ表向き「サイとか糞!ビギン厨乙!」と相変わらず罵りつつコッソリ着ることが出来んだよ。

https://twitter.com/sukebeningen/status/566435319914827776

自分はホームランコースのボール一個分となり。カナダグース、グラミチナロー、ニューバランス1400とか。端的にいえばビギンくん、「安全牌を置きにきただろ?」という気配のある怠慢感、かな。/一見アリに見える、その辺りは近付かない。

*5

https://twitter.com/sukebeningen/status/15802864278441984

ヤンキー漫画やBEGINの挿し絵は具体的かつ説明的文化リテラシーが低いから。

https://twitter.com/sukebeningen/status/186457399677288448

Hugeがインタビューだらけ、まるでEYESCREAMみたい。コレって大丈夫なのか…/結局ビギンみたいなのが一番なんだよ。「この服買ったらモテるよ!」もうそれしかほとんどの人は興味無い(ファッションは目的でなく手段なの。

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/196606312828768256

ビームスscyeのポロシャツを売りたいらしい。引き立て役にフレラコを使ってた。四つ穴ボタンをクロス掛けしてるから、よりお値打ちということらしい。ハハハ、もう死ねよビギンくん。/scyeのポロシャツなど着るヤツはセンスはもちろん、その人格も問答無用で全否定する。

https://twitter.com/sukebeningen/status/196611877114089473

センスの無い人が飛び付くような部分ばかりの品質が高い、いわゆるビギンくん好みなブランドだよね。scyeって。(印象論だけど、きっと合ってる。

https://twitter.com/sukebeningen/status/339064003156377600

アマゾンのファッション系ランキング見るとビギン系なハウツー本や鷲田清一など手っ取り早く分かった気になるダサ坊御用達なのばかりなのな/まあ相対性コムデギャルソン論も人文かぶれなダンロップくん達が青山のコムデギャルソンに特攻する際、ギュッと胸に握りしめるお守りとして需要されてる訳だし

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/371624992141627392

ファッション偏差値70のポパイとファッション偏差値30のビギン、一番上と下でほぼ同じアイテム選ぶ。ポパイはまあ、ニューバランスでもアークテリクスでも、そのブランドなりカテゴライズを徹底して匿名にする、逆にビギンは(リテラシー低くブランドの銘頼みなので)徹底して記名にする

https://twitter.com/sukebeningen/status/483896155382620160

自分も二冊だけ選ぶならポパイとビギンだと思った。二冊目に準ポパイみたいなの選ぶより徹底して実利なビギン。ビギンは(ダサイし、基本脱オタ低レベル向けだから言及しないだけで)あんがい上級者も読む雑誌。/役割分担し、メリハリつけてて良いのでは。

 

*1:ここでは深く立ち入らないが現代アートにおいてコンセプチュアル・アートがほとんど優勢に立ったことはモダン・アートが過度に視覚優位であったことの反省として有効に機能したためであって、この状況はファッションにおいて相似形ではない。なぜならファッションには視覚優位、造形主義的な理論や学派など一度も歴史上発生していないからだ。そのために私は対案として「造形主義(フォーマリスム)」→「モダニズム」を語ることはファッションのメディウム・スペシフィシティ、つまり「服を使うというファッション特有の表現」に意義を与えることから始めるべきと主張し、そうでないならしょせん他ジャンル(アートや文学)から借りてきた理論をコンプレックス解消のために詐取詐称することと相違ないと主張してきたのである。

*2:

↓ツイートの前後↓

https://twitter.com/sukebeningen/status/558206943467032577

またダサ子佳英がノームコア批判かよhttp://twilog.org/asaco4/date-150118

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/558211054660890624

ノームコアていま解釈がけっこう拡大されて(ダサ子の好きな言葉でいうと)バズワード()な状態なので、一番くみしやすい解釈なとこでやり込めて安心しても無意味だし(ていうか「ああ、やはりこのレベルでしか理解出来ないのね」と自分のレベルの低さを晒すだけ

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/558212026195906560

表層しか認識しないのでポパイとビギンの区別がつかないのが人文ファッションクラスタ(モード厨)の特徴https://mobile.twitter.com/asaco4/status/556813545396924417  両者の違いはイデオロギー。ハイコンテクスト。

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/558214003915120640

ヒップホップはハーレムの黒人がCDの登場で不要になり捨てられたレコードとターンテーブルで音楽を作った、レディメイドの切り貼りにエフェクト。表層は既知で、同時代に新しい既知外を作った(或いは作ろうとした)ものらより新しい。イデオロギーが新しいから、表層はアウトプットの手段でしかない

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/558216519239233536

美術が芸術というより上位概念つくり美術の上限越えをした。モードの概念のより上位概念つくる。モードとしてより良いもの≠モードの上位概念としてより良いもの、てこと(美術としてより良いもの≠芸術としてより良いもの、と同じように。

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/558217004746674178

いまこういう事が起こっていて、それは抽象的なのでノームコアとかシティボーイとか、自分は『ハイコンテクスト』などという言葉で捕まえようとしてる。

*3:

↓ツイートの前後↓

https://twitter.com/sukebeningen/status/593548712325951488

やはりkanoseさんのニューバランスセレクト、自作PC厨ぽいhttps://mobile.twitter.com/kanose/status/588998387543998464?p=v個々のいいパーツをコスパよく組み上げました感、「ぼくのかんがえた、さいきょーにゅーばらんす」チックな。

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/593551840354009088

オタクはリサーチ力がスゴイから実はファッションでも最強説あるが、やはりガジェットのリサーチとは勝手が違うな。カタログスペックしか見ない、だから(文化教養的な)非数値な部分はゴッソリ見逃す(なので過度にMacなどの評価が低い。/まあビギン的な世界なのれす。

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/593554763863576577

そして文化教養的素養が無いのに無理してあるふりするとノムリッシュ化する。

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/593780290893451265

相手のノームコアの理解力を試す試金石な質問として「ショーの最後に黒のアノニマスな格好でデザイナーが出てくるのが定番だったけど、最近はギャルソンのプレイとかワザと着てたりしますよね。アレって何ですかね?」とかかな。

*4:

↓ツイートの前後↓

https://twitter.com/sukebeningen/status/723498881363779584

ファッションのミニマリズムは「前あわせを比翼仕立てにする」ぐらいの意味だろ。

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/723694552180092928

自分が許容するミニマリズムはアークテリクスのアルファSVマッキントッシュのゴム引き一枚仕立て(ライニング無し)とかまでかな。

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/723697759530799104

ミニマリズムっぽくみられたい」そういう物欲しそうな、しなをつくった表現が服から見えると卑しくなり一気に醒める。

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/723700214251429889

モードのいやしさを排除すると結果としてエンジニアリング的な服が残るから(モードのいやしさを排除してる、というストイックなイデオロギーが読めないと)ビギンくんと区別がつかない、てだけで。/さすがにそんな低レベルまで相手にしてられない。

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/724053105399062528

カーデザインは空力抵抗や視界確保などエンジニアリングで最適解の原型がでてて、その表面張力内でデザインする。/ハイコンテクストノームコアも同じ。エンジニアリングの表面張力内でやる。アカデミズムの無い、いやしさを安易な逸脱で誤魔化そうとはしないから。

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/724055124784480257

ニューバランスがわからない人用のニューバランス(レザーで革靴みたいな2040とか)が用意されたように、ノームコアがわからないモード厨向けのノームコアがミニマリズムバイバルでは?

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/724067168267067392

まるで10センチ四方を1メートル四方のように使えるのがクリエイティブ。「ピカソの絵の実物を見たら思ってたよりずっと小さくて驚いた」なんてのは、この典型。/「クリエイティブとは何か」への世間の誤解がある。

*5:

↓ツイートの前後↓

https://twitter.com/sukebeningen/status/566434306382254080

イケてるものをピックするのもセンス試されるけどイケてないものをピックするのもやはりセンスが試される。「裁くのは俺たちだ!」と一方的に優位な安全圏にいると勘違いしてる人いるけどhttps://mobile.twitter.com/masayachiba/status/560715004169564161?p=v深淵をのぞく時、やはり深淵からものぞかれてるのだ。

リンク先→https://twitter.com/masayachiba/status/560715004169564161?p=v

ミキハウスのトレーナー、ティアドロップのサングラス、明るいジーンズ、ハンティングワールドのセカンドバッグ。完全体だな。」Masaya CHIBA 千葉雅也 @masayachiba

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/566435319914827776

自分はホームランコースのボール一個分となり。カナダグース、グラミチナロー、ニューバランス1400とか。端的にいえばビギンくん、「安全牌を置きにきただろ?」という気配のある怠慢感、かな。/一見アリに見える、その辺りは近付かない。

 

https://twitter.com/sukebeningen/status/566437580984438785

まあ「あえて」てのはボンクラサブカルがよくやる安易なメソッドhttp://blog-imgs-51.fc2.com/9/m/i/9miles/20121030133618aa0.jpg

リンク先→http://blog-imgs-51.fc2.com/9/m/i/9miles/20121030133618aa0.jpg